2012年06月16日

クソニー

PS3の修理で電話があった。

まったく話にならない。

メイン基盤の有償修理もしくは現行機種との有償交換としか言わない。

故障内容も分からない、前回修理の話してもごまかす、
小学生と話してるみたいだったので一方的に電話を切りました。

その後2回電話掛かってきたけど完全無視しました。


20120615.JPG
※提出書類なのでわざとぼかしてあります。

さすがに今回は頭に来たので、消費生活センターに相談する事にしました。
そのため、話がスムーズに進むように資料作りを3時間ほどかけて作りました。

地元の市役所にて月木に受付をしてるので、早速月曜日に行ってきます。


問題は金(修理代)じゃないんです。
12600円は予定外の出費になりますが、
理不尽な故障で支払うつもりはありません。

出費を抑えたいのは事実ですが、それは最後の問題で、
第一は欠陥を認めないソニーに勝つこと。

第二にサポートの対応の悪さです。
ただ「壊れてましたので、交換しますから有償修理です。」で納得できますか?

証拠として壊れた基盤を一緒に送れって言ったら拒否されました。
昔は修理に出すとちゃんと交換した部品を送ってくれたのにね。
タグ:プレステ
posted by 猫真隆人 at 00:16| Comment(0) | PC・家電関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: