2011年12月03日

1,2,3はけいおん!

20111203a.JPG

早速ですが行ってきました。
当然記念すべき日なのでラングランシャツを初着用w


8時前に起きて8時30分頃隣町の映画館に到着。
開場前なのですでに200人ほど並んでました。

開場と共に順番に入って行ったのですが、150人ほどはチケット売場へ。
残りは売店へ並ぶって感じだったので、私は30番目くらいでした。
こいつら事前予約というものを知らんのかね?

特にスタッフの指示は無かったのですが、
ちゃんと順番に並んで買ってたのが紳士的でした。
他の劇場だったら開場と同時に一気に群がってたんじゃないかな。

年齢層的には6割中学〜高校生くらい、2割大学生って感じ?
男女比率は8:2くらいかな。

席は某スレでは不人気席と書かれてた入口通路上の端っこ。
不人気と言ってる奴らは分かって無い証拠だよ。

前に席が無いから見やすいし、まわりに人が来る率が少ないから
静かに観たい人には最高の座席位置なのにね。
上映中に後列のゆとり共がしゃべってて耳障りでしたけどね。


20111203b.JPG

9時10分上映開始だったのですが、
なんとか9時過ぎにお目当てを買う事が出来ました。

なぜか京アニの紙袋がw
少ない人はビニール袋だったっぽ。

前日、公式サイトでグッズを確認した所、
予定だと7、8千円で収まるはずだったのが、
余計なグッズが増えてたので15000円ほど使う羽目に(爆)

左上の指先人形は全くの予定外。
1個900円だから5個で4500円は大きな出費。

グッズリストに載ってなかった気がしたのですが、
売場に並んでいたのでつい買ってしまいました(爆)

でも、時間が迫ってたので間違えて唯を2個買ってしまいました。
交換してもらおうかと思ったけど、可哀想なのでこのままに。


20111203c.JPG

携帯クリーナーセットのハッピ、何だこれと思ったら劇中で判明w
日本に対する偏見みたいな洋画に出て来そうなハッピだな。

左下のストラップは買わないつもりでしたが、澪と梓だけ購入。


20111203e.JPG

上映終了後、すぐ近くにロッテリアがあるので行ったのですが、
誰一人寄って行った形跡が無くガラガラ。

昼飯にけいおんセットを買って帰りました。
それにしてもすごいきんちゃく袋だなw


20111203d.JPG

帰宅してから唯が2個って事に気づき、
出かけるついでにもう一回映画館に行って
買いそびれた紬を買ってきました。

ついでにストラップも律と唯を購入。
ラス1の律でしたが、残りは大量の唯ストラップが・・・w

昼過ぎだったのですが、殆どのグッズは完売しており、
残るはクリアファイルとかステッカーばかり。
スタッフに聞いた所、発注はかけてるけど再入荷するかは不明との事。


隣町の絶叫上映会をやる映画館に行ってみたけど、
入口にグッズコーナーがあり、もっと酷い有様でした。

ここでも大量の唯ストラップが売れ残ってたし、
アニメイトが便乗でグッズ販売やってたけど目新しい物はありませんでした。

それにしても絶叫上映会なんて行く気おきません。
何を好き好んで映画を楽しまずにヲタ共の叫び声を聞かなきゃならんのだ?
ただでさえ上映中に歩いてる奴や話し声やポップコーンガラガラ転がしてる
奴が居ると耳障りでむかつくのに。


グッズに関して、パンフ見たら通販するって書いてあるので、
買いそびれた人でもちゃんと行き渡るのが良いね。


映画の方は・・・面白かったです。
上映時間2時間、うち予告が10分なので、
事前に情報入手していた通り正味1時間50分でした。


主役は梓で間違いないですねw
異様に鬼畜っぷりが発揮されてましたw

公開初日なので内容には触れませんが、
流れとしては、卒業旅行→ロンドン前半→ロンドン後半→
帰国後卒業式ってな感じです。

劇中に何度も訪れる演奏シーンがやっぱり良いです。
手が無意識に動きそうだったのを我に帰って必死に抑えましたw
天使にふれたよのシーンはやばかったな。

それと、背景の書きこみも細かくて凄かったですね。
映画化発表から1年以上もかかってるだけあります。

紬がベッドでユサユサしてるシーンがエロかったです(爆)
エンディングの歌も映像もカッコ良すぎだよ!


@2回はなんとか行きたいけど、4回はきつい。
フィルム貰ったらポストカードは3種類で諦めるかな。

週替わりのポストカード配布で梓が無い理由が
今回貰った律のポストカードで分かったし。

まぁ、何はともあれ映画にしてもグッズにしても満足したので
ローソンフェアも合わせてここ数週間の忙しさが一段落した気がします。
タグ:けいおん
posted by 猫真隆人 at 23:44| Comment(0) | けいおん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: