2010年12月14日

タイヤ交換

bs_tire1.JPG

ミニのタイヤをようやく交換しました。
新車納車から約5年半、走行距離約48000キロでの交換です。

7月の車検時は約42000キロで大丈夫だったのですが、
先月に冷却ファンが故障した際にタイヤがもう駄目だと言われました。
ランフラットタイヤだから値段も高く、そう簡単に交換しづらいのでね。

前のオペルの時はダンロップのLM901だったか履いてましたが、
1本2万もしなかったと思うのですが、ランフラットは1本3万超え確実です。

しかも、ランフラットは生産してる会社が限られてるので、
実質、ブリジストン、ダンロップ、ピレリの3択しかありません。

中国のタイヤもありましたが、安い分怖いし、耐久力無さそうで
ランニングコストを考えたら2年持つかわからないので(笑)


bs_tire2.JPG

交換前の状態。
車検時はもっと溝があったんですがね(笑)
1回目の車検時にローテーションしてますが、前輪の減りが異様過ぎ。

約2ヶ月ほど毎日のように首都高を走ってたんで、だいぶ減ってしまいました。
まぁ、ドラレコの衝撃センサーが過度に働くようになったので、
もう寿命だってわかってましたが(爆)

それにしても、ダンロップのくせに良く5年も持ったよ。
ダンロップは全般的に柔らかめのタイヤなので、
オペルの時は3年くらいで交換してました。

ピレリだったら2年で溝よりもヒビ割れが先に来て交換でしたね。
実際、2年で駄目になったって聞きましたし、過去にピレリ履いてる車に乗ってて、
走行距離が少ないのにヒビ割れが酷くて交換するハメになりました。

注文時、ピレリは絶対嫌だって言ったのに、納車前になってピレリですとか言われて、
さんざんゴネて同時期納車の別の車のダンロップと交換する経緯がありました。

オプション追加で17インチホイールの金払ってるのに、
選択できないなんておかしいですからね。


bs_tire3.JPG

今回注文したのはブリジストンのPOTENZA
RE050 205/45/R17。
値段次第では引き続きダンロップも考えました。

某オートなバックスではタイヤのみで4本約15万。
ダンロップだと7千円ほど安い状態。
ブリジストン系列のタイヤ館に至っては全部で16万と言われました。

ネットの安い店で12万くらいで買って、オー○バoクスで割り増し料金で
交換してもらうことも考えましたが、念のため知り合いの店に行った所、
全部で136920円だと言われました。

一応、2店舗の値段も言ったら「いくらなんでも高すぎだよ」って言われました(笑)

ダンロップだと13万もしなかったのですが、差額がそれほどなかったし、
15、6万するって言われてたこともあり、信頼のあるブリジストンにしました。
過去のオペルとミニの使用歴を考えたらダンロップも捨てがたかったんですけどね。

金曜日に発注、月曜日に交換となりました。
いつも通り、自宅まで取りに来て貰い、1時間半も掛からずに終了。


翌日、雨上がりの中、45キロほど走ってきましたが、まだ硬い(笑)
ダンロップよりも硬めですがロードノイズは低くなった気がする。

交換前に比べ、オーバーステア気味だったのがさすがにグリップは良い。
慣らし中とはいえ、路面が濡れててもグリップは良いし、
ドライになった路面でもキビキビ動いてくれます。

今月は3回ほど高速道を使うので、高速走行が楽しみです。
でもあと1ヶ月もしない頃にスタッドレスに交換する予定なんだけどね(爆)
タグ:
posted by 猫真隆人 at 23:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: