2021年07月22日

2年点検とか

トリシティの納車から間もなく2年、
自賠責も切れるので事前に2年点検の予約を
月曜日だったかにしておきました。

走行距離が4757キロ、奥多摩やら秩父など、
ここ1年で山道をたくさん走った割には
タイヤの溝はやブレーキは大丈夫との事。

プラグも汚れや摩耗が見られるが、
ブラッシングのみの交換は無し。

やったのはオイルとブレーキ液の交換だけで、
ブレーキ液の工賃で4500円掛かりました。
だって前輪2本あるんだもんw

バッテリーは2年経過してるので、冬場に近づいて
エンジンの掛かりが悪くなってきたら交換時期との事。
2年後に冷却液の交換も言われました。

自賠責は3年にしてもらったので、
24000円ほど掛かりました。


帰り際に10万円を握りしめ、教習所に寄って
大型二輪の教習を申し込もうとしたら断られました。

夏場の時期とコロナのせいだとは思いますが、
学生の夏休みが終わる頃までは不可と言う事で、
色々説明を始められましたが、無理ならもういいと
さっさと帰りました。

地元の別の教習所も申し込みは出来るけど、
乗車の空きが2カ月先まで無いとかで、
これもすぐに帰りました。

一旦帰宅してネットで地元の教習所を探すも、
隣町で1か月待つけどそれ以降なら乗れるとの事で
月曜日に入所申し込みの予約だけしておきました。

せっかく卒業割引を使おうと思ったのに、
10万で収まるはずが11万円になりそうです。

労災の休みがあと2週間ほどあるので、
それまでに取りたかったのですが諦めるしかないね。

自分が中型二輪を取った時は、教習期間が3カ月だったか
半年だったか短かったのですが、今は9ケ月になったので、
最悪仕事に復帰しても、週一回通えれば何とかなるので、
2か所目でもう大型二輪は諦めようと思ってましたが、
3か所目の説明で取得の希望が見えました。


一応、二輪専門の教習所にも電話してみましたが、
入所前の適性検査が8月3日で、やっぱり混んでるから
8月中には取れるから全くわからないと言われました。

地元の教習所2か所に行ったのですが、
二輪教習なんか誰もやってないじゃんよ。

コロナを理由に炎天下のこの時期では
やりたくないって感じに見受けられました。

自分が中型二輪の教習を受けた時は、
指導員が1,2人いて、3,4人とかまとめて
受けてた日も普通にあったんだがなぁ。

まぁ免許取ったとしても大型二輪を買うのは
あと1年は金を貯めないと無理なのでねw
中古なら来春までに行けそうだけど。
タグ:バイク
posted by 猫真隆人 at 20:54| Comment(0) | HOBBY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: