2021年05月04日

ワイヤレスバックモニター

20210504a.jpg

一昨日アマゾンで注文した、
ワイヤレスのバッグモニターが到着。

アマプラお試し期間だったけど、お急ぎにしても
最初から昨日でなく本日到着になってました。
まぁ取り付け予定の車がまだなので急いでない。

先月末までは18350円で売ってて、
クーポン割引が1800円になっていたのですが、
1,2日限定で3700円引きになってました。

購入後に期間が終了して、今現在は15597円の
セール価格になってますが、14650円で買いました。

ちなみに楽天の方でも10数か所で売ってましたが、
2万円前後しかないのでアマゾンで注文となりました。

バックカメラ搭載の義務化も決まり、
いまや標準搭載となりつつある装備ですが、
ヘタクソ化を助長する装備は好きではありません。

ですが、転職して3トンワイド車に乗ることになったので、
お試しで1回運転したのですが、後ろの感覚がつかめない。

運転していれば慣れるのはわかってますが、
トラックという性質上、目視だけでは安全性に
関わるので、これを機に注文してみました。


20210504b.jpg

内容はこんな感じ。
ワイヤレス仕様なので長たらしい配線は無し。

会社の車なので配線を這わせるのは無理だから
ワイヤレスのものを探しました。

とは言え、カメラの電源の問題があるので、
バックライト点灯時に連動させる方法がありましたが、
車庫入れで前行って後ろ行ってでその都度電源が
オンオフになるのは如何なものかと思いました。

色々調べてると、ソーラーバッテリー式の
バックモニターを発見しました。

アマゾンのレビューだけでは怪しいので、
サクラチェッカーをかけたら危険と判定されましたw

ですが、YOUTUBEの方に製品レビューが
いくつかあったし、お値段的にも高かろう
安かろうの値段なので買ってみることにしました。

まぁ保証が18カ月もあるので、
1,2回程度の故障で済めば良いかな。

とりあえず、バッテリーの浸水での故障が多い
感じだったので、カメラとバッテリーのケースの
隙間にMr.セメントSPを流し込みました。

スイッチのフタからの浸水が一番多いらしく、
これは後日シールとブチルテープで塞ぐ予定。

試しに普通車で動作チェックをしてみましたが、
画質は思ったよりも鮮明に映ってる感じ。

数千円で買える下手な中華製のドラレコより
画質は全然良いと思うw

ワイヤレスのボタンを押すと設定時間の間だけ
カメラが作動するのですが、映るまで2秒ほど
で映り始めるって所かな?

伝搬距離も5,6mくらい離れても大丈夫だったので
中型トラック程度なら問題無さそう。

あとは実際に取り付けてみないとわからないね。
ナンバープレートの上下に取り付ける仕様だけど、
トラックなら取り付け場所には余裕あると思う。

ナンバーの法改正も今年4月以降の新規登録車が
対象になるとは言え、それ以前の車にも明確な寸法が
公表されてるから基準以内に取り付けたいかな。

一番の問題は耐久性(防水性)だよねw
タグ:
posted by 猫真隆人 at 21:17| Comment(0) | HOBBY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: