2019年07月12日

タブレットPC買い替え

20190712a.JPG

近所のドンキに行って、タブレットPCを買ってきました。
PCというよりはAV機器のパッケージみたいw

増税前に買い換えたかった事と、今使ってるタブレットPC
4年目を迎え、スペック的に厳しくなってきたからね。

昨年夏に行われた艦これのHTML5化の直後は、
メモリ不足で5分程度やってるとエラーが出てたのですが、
度重なる改善で2GBでもエラーは出なくなりましたが、
それでも時々固まる(フリーズではない)のは変わらない。

この頃から買い替えの候補を探してましたが、
2万円前後で現在のタブレットPC以上の性能を持つ
候補が全然見つからずに我慢して使ってきました。

そこで先月発売されたドンキのタブレットPCの記事を見て
買い換えようかどうしようか検討してました。

最終的に買い替えを決めたのは、今月のMSの定例パッチ。
Windows10なのに、まもなくサポートが切れるって
表示されたからね。

多分、1年位前のメジャーアップデートの際に、
ストレージの残量不足でエラー出まくりで、
アプデを拒否して、毎月のセキュリティパッチしか
当ててなかったからだろう。

eMMC32GBしかないのに、OSだけで半分くらい使ってるし、
セキュリティソフト以外入れてないのに残量数GBだからなw

さらに、今後の予定で、ノートPC使いができるタブレットPCが
必要になりそうだったので、今回の2in1PCとなりました。


20190712b.JPG

メーカーはけいおんカーナビや闘魂カーナビなどを
販売しているRWC社でした。

まぁ、PCなんて部品の寄せ集めだから、
訳の分からんメーカーのCPUだったり、
変なOSが入ってるなんてありえないからねw

アマゾンで下手な中華PCを買うよりは、
国内企業と小売店が販売してるPCなら大丈夫か。


20190712c.JPG

内容は至ってシンプル。
本体とキーボードと充電アダプターと
Type−Cの変換アダプターと説明書だけ。

個人的には充電アダプターが付いてるのは好都合。
最近の安いPCはUSBポート=充電ポートを兼ねてて、
バッテリーが切れそうな時はUSB機器を外して
充電するしか手段が無い。

今使ってるタブレットPCが、ネット通信をやると
バッテリーをバカ喰いするし、OSのアプデの最中に
バッテリー切れで中断されてた事もあるから。


20190712d.JPG

今まで使っていたタブレットPCとの比較。
やはり8インチと10.1インチの差はかなり大きい。

でも、できるなら8インチサイズが出ていたら
片手でタブレット操作がし易い8インチを買ったと思う。
10.1インチで512gは片手じゃ重い。

スペック的な違いは

CPU Atom Z3736F 1.33GHz → Cherry Trail T3-Z8350 1.44GHz
OS Windows10 Home(8.1から無料アプデ)→ Windows10 Home(64bit)
メモリ 2GB → 4GB
ストレージ 32GB → 64GB
重量 370g → 本体512g キーボード473g(合計985g)
USB 1ポート → 2ポート
価格 26784円 → 21384円

といった所。

USBポートが本体側にType−Cがあり、
キーボード側に普通のポートがあるのは便利。

まだ使い始めて10数分の、初回のOSの設定
くらいで止まってるから使用感も何もあれだけど、
タッチ操作もキーボード操作も反応は悪くない。

何よりも格安PCにありがちな、
余計なバンドルソフトが入ってない事。

宣伝のためのバンドルソフトによって
本体価格が安くなるのは仕方ないんだけどね。

このせいで容量食っちゃうのは痛すぎるから、
46GBの空きがあるのは嬉しい所。

まずはセキュリティソフトを入れたり、
艦これができるようにセットアップしないとねw

液晶保護フィルムは、専用サイズをすでに注文してあるので
来週の頭くらいには届くはず。
posted by 猫真隆人 at 22:32| Comment(0) | PC・家電関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: