2019年07月06日

瑞雲

20190706a.JPG

1月に注文したダイキャストの瑞雲が
3度の発送延期を経てようやく到着。

早い人では先月末の28、29日あたりには
届いていたみたいだけど、注文開始1分以内に注文して、
注文メールにも注文した時刻(?)が書かれてたのに
1週間も誤差が出るとか、どういう配送順なんだろうね?

何はともあれ、約半年待たされたわけですが、
届いた箱はかなり大きめで、現行のねんどろいどが
8個くらい入るんじゃないかってサイズ。

開けると、厳重に緩衝材で包まれてました。
クリアファイルには伝票類とガイド本が入ってました。

ガイド本の内容に関しては省略しますが、
ズイパラのイラストが載ってました。


20190706b.JPG

肝心のダイキャストの方ですが、合金なのでかなり重く、
1/48スケールなので童友社の1/72スケールの
完成品より全然大きいw

プロペラは回りますが、そういう構造にしてないと思うので、
あまり回さない方が良さそう。
むしろ指などに当たって折れない様に回る程度と思った方が良い。

プロペラが回るなら、台車の車輪も回るようにして欲しかった。
透明なパーツは他の人も行ってたけど使い方わからんw

塗装に関しては、指紋が付いてるとか、
極端な不良個所は見当たらなかった。

プラスチックとは違う、合金の表面感が残されてて、
重量感も感じられて良いと思う。

でも、ウェザリングなのか、うっかり付いてしまったのか
良くわからない部分もあるのは事実。
とは言え、許容範囲内なので大丈夫って所か。

キャノピーに関しては可動には問題ないけど、
内側に若干の曇りが感じられる。

空中線を省略しなかった点は褒めるべき。
大抵はアンテナポールだけ立てて、
空中線は張らずに誤魔化すからね。


20190706c.JPG

唯一気に食わなかったところは、
水平尾翼の付け根にわずかなすき間があったこと。

後縁ならエレベーターがあるから誤魔化せたけど、
前縁じゃ誤魔化せないよね。

もう一つは、収納時に本体をブリスターケースで
固定してるわけですが、主翼の左右1か所ずつ、
輸送時の振動とかで擦れてしまったためか、
塗装面が少しテカっているのが気になる。

全体的に見たら合格点なので、
数千円のディスプレイモデルを買うよりは
全然良い出来だと思う。

エンジン部分が外せたらモーターでも仕込もうと思ったけど、
1万もする瑞雲だから止めた方が良さそうw
タグ:艦これ
posted by 猫真隆人 at 22:17| Comment(0) | HOBBY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: