2019年02月08日

カメラのストロボ関係

まずは、本日ねんどろいど鹿島を含め、
一部のページだけ異様なアクセス数が
あったんだけど、何だったんだろうか?


20190208a.JPG

昨日注文したデジカメ用のストロボ関係が到着。

長年アマゾンを利用してて、今回初めて
デリバリープロバイダーでの発送となりましたが、
世間の不評や心配をよそに、昼前に到着。

いずれもアマ発送のマケプレでしたが、
市川よりまとめて発送された模様。


今回注文したのは、NeewerのNW−670
フラッシュスピードライトと、マクロリングライト。
それとケーブルリモコンシャッター。

これで9047円w
これがもし純正品だったら10万は軽く超えるよ。
シグマとかの対応品でも5万は掛かるからね。

スピードライトは中古でも買おうと思ってましたが、
それでもキャノン純正は高いので、シグマかMetzの
2万くらいの新品も検討してました。

そこで色々と探してたら、中華ストロボが安い割に
しっかり使えるとのことで色々情報を集めてみました。


ケーブルリモコンシャッターについては、
レリーズが無いデジカメなので、天体などの
撮影時の手ぶれ防止のため購入したもの。

半押しでフォーカスを合わせて
シャッターを切るだけなので省略w


20190208b.JPG

最初は3100円ほどで売ってるNeewerのTT560
を買うつもりでしたが、マニュアルのみとの事で、
TTL調光に対応してるNW−670になりました。

それでも5千円ちょいで買えるんだからねw
ビックでも売ってるとは思わなかったよ。

ニコンのSBー27をまだ持ってるけど、
2万いくらもして、本体とケースと説明書しか
入って無かったのに、この差は何だろう?w
しかも5千円のストロボの方が性能上だよ。

まだ部屋で試し撮りした程度なのですが、
ちゃんと光ってくれる。

悪い方のレビューじゃホットシューに入らないとか、
サイズが合ってないとか、TTL調光が効かないとか
色々書いてあったけど、特に問題無し。

ただ、TTL調光で光らせると、アンダー気味になったので、
マニュアルでやったら良い感じになりました。
この辺は設定をいじってみて対処かな?

内蔵の広角ディフューザーと反射パネルは
正直お話にならないレベルなので、
外付けを買った方が良さそう。

ちなみに、給食のおばちゃんが被ってる帽子みたいな
ストロボにすっぽり被せる簡易ディフューザは持ってるw

SB−27と比較するのもアレだけど、
充電速度も速いし、角度も上下左右に振れるし、
PCポートやシンクロにも対応してるので、
コスパ以上のスペックはあると思う。


20190208c.JPG

最後は浮輪さんLEDマクロリングライト。
赤いフィルターも付いてりゃ正になのに。

これはかなり昔から買うつもりだったので、
新しいデジカメにしたら一緒に買うつもりでした。

これもNeewerですが、アマゾンの実質の
メーカー直の正規ルート品だと思う。

LED48灯でかなり明るい。
ショーケース越しだと露出オーバーで
真っ白になっちゃうくらいw

設定次第だと思うけど、フラッシュとして
使うにはあまり使い勝手が良くない感じないので、
点灯状態のライトとして使う方が良さそう。

なんせマクロリングライト自体、
使うことが初めてなので、設定や使い方次第では
ストロボより自然な感じで撮れるかも?

難点は一つ、マウントリングにLEDを取り付けると
ワンタッチ取り付けゆえの緩さがあるので、
コードに引っ張られて斜め上を向く傾向がある。

だからせっかくLED点灯の左右切り替えがあっても、
斜め状態なのでどうにかして固定しないとダメだね。
左右よりも上下の切り替えの方が良いと思うけど。


あとは夏くらいまでに、500mmくらいの
超望遠レンズと予備バッテリーを買えば良いかな。

バッテリー1個でどれくらい使えるかわからないので、
1個か2個セットかで悩んでる所。


それでは艦これの新任務でも始めますw
タグ:カメラ
posted by 猫真隆人 at 21:10| Comment(0) | PC・家電関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: