2019年01月28日

デジカメ買い替え

20190128a.JPG

買い替えと言っても古いのは買取値が無いし、
処分しませんけどね。


午前中に家の前にクロネコのクール便が止まったので
まさかと思ったらそのまさかでしたw

見ての通り、キヤノンのデジタル1眼レフカメラの、
EOS Kiss X8i Wズームレンズキットを購入。
箱無しの中古品ですが、週末特価で52000円でした。

56000円前後で新品が買えますが、
相場の変移を見ると、今値上がり傾向なので、
中古でこの値段なら買いかなと。

中古よりも新品の方が安く買えるとか
ネット通販の相場がよくわからんよ。

今回のだって、週末10%割引で買ったんだから、
タイミング外してたら58000円くらいだったし。

量販店じゃ6万超えてるし、後継のX9iが出てるから
店頭で見かける方が珍しいかもねw


今まで使ってきたフジフィルムのネオ一眼の
S9000は2006年に買った奴だけど、
今でも十分使えるくらいの性能はありますが、
やっぱり古いからね、

液晶画面が1.8インチと当時のガラケー並みの小ささで、
ドットが粗いから、PCで見て初めてブレてるとか普通。

バッテリー式だといざという時に困るという観点から、
どこでも買える単三電池式にしたら、とにかく1日で
アルカリ電池がダメになるくらい燃費悪い。


LUMIXのG3が発売された頃に、
いつか価格が安定した頃に買い換えようと思ってたら、
G5が発売されて在庫が減って相場が上がり、
今度はG5を狙ってたら・・・と今やG9だもんね。

ようやくLUMIX以外からもバリアングル式の
デジカメが出始めたのでKISS X6iも候補に。

チルト式も便利ですが、バリアングル式だと、
人ごみの中カメラだけ持ち上げても画面が見えるので、
本体固定式の液晶画面タイプは候補外でした。

5,6年の間、買い替えを考えていたのにもかかわらず、
PCの買い替えなどを優先していたために後回しとなり、
いざ買おうかなと思うと後継機種が出て、安くなったら
買おうかなの繰り返しでした。

今回買うきっかけとなったのは、10月の消費増税が
控えているため、まずは本体を早い時期に買って、
超望遠レンズや周辺機器を買い足していこうって作戦。

長い間検討してたLUMIXをやめてキヤノンにしたのは、
LUMIXの特殊性ゆえのパーツの選択肢の少なさに反し、
キヤノンを含め、他社製品も使えるという安心感。

10年位前に某国内有名企業の社長の
EOS KISSを借りて空撮に行った際に、
もの凄く使いやすかったのでね。


とりあえず、中身の確認をしたところ、
目立った傷は無いし、新品ではないけど
中古品とは思えないほどの美品でした。

メーカーリコール品でないことも
ショップに問い合わせ済み。

ストラップは別売の奴を使ってたんだろうね。
バッテリーも問題無さそう。


シャッターを切った際のミラーショックが、
コンデジにありがちなそっけない電子音と違い、
フィルム式カメラを思い出す感じが素晴らしい。

とりあえずSDカードは自分の勤務先で売ってた
TEAMの32GBを798円で買ってきました。
動画撮影はしないので16GBでも余るくらい。

現段階では最低限のチェックしたしてないので、
あとは設定とかやらないとなぁ。

週末にでもレンズフィルターとか、
ストラップなどを買ってきたい。

増税までには500mmの望遠レンズとか欲しいなw
まずは3千円ほどのマクロリングライトでも買おうかなと。
外部フラッシュも欲しいけど後回しかな。
posted by 猫真隆人 at 21:56| Comment(0) | PC・家電関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: