2017年12月31日

C93三日目

20171231a.JPG

冬コミより無事帰還しました。

今回もソロで一般参加し、後に現地合流ってパターン。
3時半前に出発し、アキバで駐車して電車移動はいつも通り。

5時50分頃に最後尾の「4の3」の中央よりやや前でした。
東駐車場に行くまでに、あまり隙間の無い人の間を、
小走りで走り抜けていく奴がいたけど、普通に歩いてる人と
移動速度が一緒って事をわかってないのか?

今回も荷物検査はランダムで列ごとでした。
ここ4、5年で2回しか受けた事無いや。

9時半前くらいから整列が始まりましたが、
ポツポツ雨が降り出し始めました。

次第に雨が雪に変わり、10分間ほど雪が降るとはね。
2007年以来らしいけど、その頃は三日目参加だったからなぁ。

9時43分に移動が開始し、列が一本にまとめられた所で、
開場時刻までは一旦停止。

10時4分に再度列が動き出し、東8ホールに入ったのが
10時14分と夏コミの時と同じ感じでした。

今回の冬コミは、初日も三日目もなぜか1ヶ所だけ
東7ホールに配置されて余計なタイムロスでしたが、
そのまま東6ホールの外周にショートカットできるので
一旦東6ホールの中央付近まで行ってから混雑する館内を
移動して外周に向かうよりは早かったかもね。

実際、一部のブロックで、狭い十字路に待機列がぶつかり合ったり、
待機列が通行者に押されたりと、外周サークルがスカスカで、
島のど真ん中が激混みでむちゃくちゃな状態だったので、
配置の失敗があちこちで見られたね。


今回は、というか冬コミは総集編を出すサークルが
意外と多いのと、申し込みジャンルの転換期が重なるせいか
長い事毎回行ってたお気に入りサークルに行かなかったりと、
普段の60ヶ所オーバーが今回は50ヶ所ちょい。

臨機応変で後回しにしたりと効率良く周り、
12時半頃には8割は巡回終了。

残りの数ヶ所は外並びで混雑するところや、
ショップ委託で買える所のみ。

開場間もない大混雑が昼過ぎには解消されてる事も多く、
今回一番長く並んだのが約20分で、
他は並んでも数分って所だったりします。

13時には99%巡回完了し、新刊セットやオマケは
終了していても、新刊のみだけは買えたりと、
順調なペースでした。

一度は行ってみたかった、謎の仮面の剣士岸田メル氏の
サークルがまだ完売してなかったので、
並ばずして初めて買うことが出来ました。

まさかの本人直々の売り子対応で
500円玉を渡した瞬間落として騒ぎ始める
ハプニングがあったけどねw

最後の1ヶ所は超大手でしたがすでに列は解散してました。
まぁ新刊だけ欲しかったので、余計なセットは欲しくないから、
ショップ委託で買うつもりだったんだけどね。

なので、今回は例年に無く欲しいものが
すべて買えるという珍しい状態でした。

初日の数ヶ所は完売で買えなかったけど、
アキバで1冊回収できたので、あと1、2冊買えば
コンプリートって感じかな。

そのあと西ホールに移動し13時半頃に知り合いと合流。
普段なら有明駅まで歩く所をまた雨が降り出してしまったので、
大混雑の国際展示場正門駅から乗り込み、新橋経由で
アキバまで移動しました。


今回は集まった人数が少なかったこともあり、
カラオケ無しの食事のみで打ち上げ終了。

一昨日は肉の日でステーキ、昨日は家族で焼肉食べ放題、
今日はしゃぶしゃぶ食べ放題と3日連続でヤバいなw

食事が終わってもまだ夕方なので、最後にメロンに行って
買いそびれを1冊回収し、17時20分には
駐車場を出発し18時17分に帰宅となりました。

こんなに早い時間に帰れるのは初めてかもねw
全体的に巡回が順調で、さっさと撤収できたので
今後もこういう状態なら楽なんだけどね。


今回の戦利品は、抱き枕カバー1、紙袋3、オフセ本73冊、
おまけ・コピー誌類18、クリアファイル類5、下敷き1、
ポストカード類5、色紙2、トートバッグ2、アクリルスタンド1、
ボールペン2となり、出費は50300円となりました。

とはいえ、抱き枕カバーの12000円を引けば
38000円くらいなので、いつもよりは4、5千円少なめか。

初日の約2万円と合わせれば7万円で済んだので
目標の8万円予算を大幅に削減できました。


20171231b.Jpg

さて、鹿島の抱き枕カバーを買った記念に、
数ヶ月99のままだった鹿島とケッコンしましたw

扶桑姉妹以来38人目か。
しばらくは節約のため課金しないから、
次は2月以降かなぁw


コミケのドタバタも終わり、仕事も休みなので、
録画だったりブログの更新や野暮用なども
この正月中に終わらせられたらって思ってます。
posted by 猫真隆人 at 22:52| Comment(0) | 同人関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: