2017年11月25日

名鉄EL120形を返品しました

先週買ったグリーンマックスの名鉄EL120形ですが、
初期不良の疑いで購入店で修理依頼をしました。

ですが、さらに深くネットで検索をしていた所、
ツイッターや通販サイトのレビューで一番見かける
走行中のプルプル感以外に、不良と言うよりは
構造的な問題と判明したため返品しました。

始めに断っておきますが、メーカーに対して
販売を妨害するつもりはありませんし、
あくまで個人的な見解です。


欲しかった車輌のひとつであるので、
ちゃんと動くのであればコレクションとして
加えるつもりでしたが、まともに動かないものに
1万以上も払う価値はありません。

発売から2ヶ月近くもも経ってるのに、
動画サイトでは何故かちゃんと動いてるものばかりだし、
こういう不具合情報が出てこない事に疑問を感じます。


事の発端はモーターが高速域になると唸りをあげて
車輪の空転か内部が空回りし始めると言う症状です。

たいていの店では1mそこらの線路でライトが点灯するかと、
低速と巡行速度程度しか動作確認しないと思います。
なので試走程度じゃ不具合なんてわかりません。

今回のEL120は巡行速度辺りからさらに電圧を掛けると
急にモーターだけがうなり始めて空転し始めます。

購入した店で動作を見てもらい、やはり空転するので
重量不足かもしれないと乾電池を屋根に載せてみたりと
いろいろ試してくれましたが、全くダメでした。

在庫品の6セットすべてを持ち出して、
動作チェックをしてくれましたが、
どれも動き始める時点から空転してました。
自分の買った奴が一番動くという皮肉さw

たまたま、動力装置を分解した人のブログを見つけ、
一般的なギア方式と違い、ベルトドライブという安価で
ちゃっちぃ駆動方式を採用してる事がわかりました。

鉄コレの動力ですらモーターの回転軸からシャフトや
いくつかのギアを介して直接台車に直結させる方式です。

ベルトドライブなんて、約30年前のワールド工芸が
ゴムベルトで車軸に直結させてた動力方式です。

構造がシンプルだし安価になりますが、
ゴムがすぐ伸びたり経年劣化したりと、
良い事はありません。

手持ちのワールド工芸の車輌(ED16)、
ゴムの予備が無いのでもう動かせません。
輪ゴムも市販品のサイズでは径が合いません。


20171125a.jpg

ベルトドライブの構造を極端に描くとこうなります。

低速(低回転)だとベルトの遠心力が少ないので、
普通に走行できますが、ある程度高回転(右側)にすると
遠心力が強くなりベルトが外向きに力が掛かります。

そうするとプーリーとゴムベルトに隙間が生じて空転し始めます。
当然、速度も牽引力も落ちます。

また、ゴムベルトの弾性で振動し始めるので、
あちこちで見かけるプルプル感の原因はこれでしょう。

カセットテープを高速で巻き戻してる時に
巻かれてる側がある程度の速度になるとカラカラと
空回りし本体がガタガタ振動し始める感じと
イメージは同じかもしれません。

ベルトタイプの自転車みたいに波形の凹凸があれば
遠心力が働いたとしても噛み込んでくれるはずなので
滑るとかは起こりにくいと思います。


グリーンマックスの商品ページには
一切ベルトドライブの記述はありません。

名古屋などの鉄道模型のイベントで
駆動方式のパネル展示があったらしいですが、
パワフルな牽引力とかウソ言わないでほしいw

M+Tの重連にしただけで滑り始めるんだよ?
これで間に電車や貨車を挟もうものなら、
ちゃんと走らせられるか疑問だね。

鉄コレの電気機関車用動力ユニットの方が
遥かに性能が良いです。


もし発売中のM+Tもしくは来年発売予定のM車単体の
購入を考えてる人がいたら、再検討を勧めます。

電車を挟んで回送目的で編成を組みたいのであれば、
T+Tの動力無しの方がマシです。

これはとある通販サイトのレビューでも
同じ意見の方が見られました。


他社からは絶対発売されない車輌だと思うので、
できるなら残しておきたかったのですが、
こういう状態なので返品してきました。

例え、今回修理に出して、調整して貰ったとしても、
ベルトドライブの経年劣化は避けられないので、
長い目で見ればスペアパーツも無くなり、
完全に動態保存は出来なくなるでしょうw

期待していただけにものすごいガッカリ感でした。
欠陥構造とは言えないものの、こんないい加減な
動力ユニットを考えたメーカーを疑います。

鉄コレかBトレインで出してくれないかね?w
タグ:Nゲージ
posted by 猫真隆人 at 20:48| Comment(0) | HOBBY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: