2017年11月17日

ドラレコのスイッチ修理

約7年間以上使ってる故マルハマの
ドラレコが壊れました。

ここ最近、スイッチの感触がカチカチしないし、
気づいたら電源が落ちてるので変だとは思ってました。

スイッチのツマミがもうゆるゆるで、この手の故障に多い、
内部の金属端子が経年劣化で折れてるかすり減ってる感じ。

買ってすぐに故障が気づき、初期不良で交換して貰いましたが、
すでに会社は倒産してしまってるので自分で修理するしかない。

ここまでして使いたいのは、安物ドラレコには無い
GPS内蔵レーダーでオービス位置が登録されていることと、
記録映像にGPS情報が反映される事。


20171117a.JPG

中からカラカラ音がするので、プラスチック部品か何かが
経年劣化か何かで折れたかと思い、とりあえずフタを開けると
スイッチが完全に外れてましたw

この場合はある意味ラッキーで、スイッチそのものの
内部構造の破損ではなく、部品を取り付け直せば
簡単に修理できるパターン。

とはいえ、1mmにも満たない電子回路の
ハンダ付け修理は容易ではないw


20171117b.JPG

スイッチから7つの端子が出ており、
4つは基板に固定する足で残りは回路用。

まずは足を基板に固定。
はんだを盛り直さずに、こて先を当てて再加熱したら
簡単に溶けて固定できました。
この調子で残りの端子もはんだ付け完了。

ロボットで工場生産された基板は、
はんだの量が最少で盛り直さないと付かなかったり、
こての電力(熱量)が不足で溶けにくかったりしますが、
こて先を当てただけで簡単に直りました。

電源を入れたら無事に直ったので、
スイッチがただ外れてただけで済みました。


さて、ここからは愚痴になるので、
好きじゃない人は見ないでください。

本来なら今日AGP初月が届いてるはずなのですが、
クロネコヤマトの怠慢で届いてません。

12時頃に来たっぽいのですが、
二世帯住宅の家には親とばぁ様がいました。

家族がインターホンに気づかなかったパターンっぽいですが、
配達員によってはたった一度しか鳴らさなかったり、
すぐに出ないとさっさと立ち去る人が居ます。

酷い時はインターホンが鳴った10数秒後には
すでに車ごと立ち去ってる事もありました。

不在票はあったのですが、いちいち電話代を払ってまで
電話する気にならなかったし、時間をずらして夕方にでも
また来ると思ったらそれっきり来ませんでした。

これが佐川やゆうパックであれば、二世帯住宅である
同じ家の反対側へまわってくれたり、2軒隣の親の仕事場に
届けてくれるのですが、ヤマトだけはそういうことはしないで
さっさと帰ります。

過去に、荷物追跡で朝出発しましたとあり、
午前中に届くと思ったら夜まで来る気配が無く、
晩飯で30分ほど不在にしてる間に来て、
再配達は翌日とかふざけたことしてくれます。

昨今のヤマトの事業見直しの影響で、
自宅から3、400m離れた所にあった営業所を含め、
市内に3、4箇所はあった営業所は全部閉鎖して、
4、5キロ離れた隣町が最寄の営業所になったので、
わざわざ取りに行く気も起きません。

配送料は上げても、配達員とサービスの質は下がる
ヤマトは使いたくないので、配送業者が選べる通販は
佐川かゆうパックを選んでます。

佐川のおっちゃんは普段から話をしてるので、
いつも気を利かせてくれるんだけどね。

これで明日配送に来て、箱がへこんでたりでもしたら
キレるどころじゃ済まないと思う。
タグ:
posted by 猫真隆人 at 21:40| Comment(0) | HOBBY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: