2016年05月22日

プラキット デキ3

先週買って来たワールド工芸のデキ3
組み立てから塗装まで終わらせました。


20160522a.JPG

E−7を終わらせてからは、ずっと備蓄モードだったので
ちまちまと組み立てながら2回に分けて塗装しました。


動力と車体は別々のまま、とりあえず筆塗りで
アクリジョンのつや消し黒を塗ったら、
予想通りテカったので中断。

ダブルアクションのエアブラシに変更して
ざっと塗り上げました。

安物のせいか使いづらいな。
塗料の出が悪い。
暫く吹いてたら出が良くなったけど。


20160522b.JPG


今度はパンタグラフの塗装。

昨日買ったアクリジョンのシルバーを筆塗りにしたら
やっぱり厚ぼったくなってしまう。


予備パーツがあったので台座から作り直して
別のエアブラシで塗装しました。

こっちのエアブラシの方が全然使いやすい。
トリガーアクションなので塗料の噴出量の調整も一応出来る。
軽いし安定して塗料が出てくれて使いやすかったな。

ちなみに交換前のビューゲルにタミヤのスプレーで
シルバー塗装をしたらマスキング剥がしてる時に折れました。
やっぱりABS樹脂にはダメだね。

台車のレリーフもつや消し黒で塗って、
車体と動力とビューゲルを接着して完成。


20160522c.JPG

20数年前に買ったワールド工芸の
真鍮製の完成品と比較してみました。

テコやビューゲルは真鍮の方が細くて良く出来てるよな。
この辺りは真鍮とプラの差か。

ちなみに完成品の方がプラキットより安いw
当時は小さいモーターが無かったので動力が無いけどね。


20160522d.JPG

Bトレインのデキ1と比較したら全然小さいなw

試しにタキ1900を連結させたけど、
止まりそうな低速でもちゃんと走ってくれました。

2軸なのでゴム輪付けないとグリップは良くならないけど、
集電効率が悪くなるからこのままかな。


このあと棚から落ちる悲劇があり、
ビューゲルが外れてエッチングがグニャりました。

運が良いのか折れなかったので、必死に元に戻して
不完全ながらも気が付かない程度までは回復しました。

エッチングが思いっきり折れ曲がったのに、
戻す時に折れることなく戻ってくれたよ。

多少歪んでしまってるけど、間近で見たり
気にしない限りは気付かないだろう。
posted by 猫真隆人 at 21:34| Comment(0) | HOBBY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: