2020年01月17日

プリンターインク到着

カレー機関の抽選結果が出たらしいですが、
やっぱり当選率悪いみたいだね。

そりゃ各回20席しかないんだもんなぁ。
土日の夕方なんか激戦区だったんだろうな。

抽選の方が良いって言ってる奴居たけど、
個人的にはこの手の申し込みのコツを掴んでる
先着順の方が獲得率は高い気がするよ。


20200117.JPG

さて、一昨日ちょろっと書きましたが、
注文しておいたプリンターインクが到着。

佐川だったので、いつも通り宅配ボックスに
入れておいてくれました。

フタ開けたら、三井住友銀行のチラシが
入ってるとは思わなかったよ。

宅配ボックスの真上にポストがあるのに、
何考えてんだよ。

今日6時半に家を出た時に、じじぃが自転車で
なんか配って回ってたからそいつかなぁ?

ちなみに自分はUFJ(旧三和銀行)なので
三井住友銀行には全く縁がない。


話を戻しますが、今回注文したのは
エプソンの純正インクのアウトレット品。
増量タイプの6色セットで約6600円でした。

アウトレットじゃない奴も通販で7000円前後で、
家電量販店だと7600円くらい。

単純に箱が無いだけで中身は純正品。
有効期限は不明だけど、2、3年過ぎてても
別に問題無かったしなぁw

純正プリンターインクの値段の高さには
昔から不満だったけど、だからと言って
互換インクを買うつもりは今後も無いからね。


昨年買い換えたプリンターのインクが、
夏アニメと秋アニメのレーベル印刷30枚ほど、
冬コミのサークルマップを印刷しただけで
基本色のCMYのインクが切れました。

黒も警告点いてるのでまもなく交換時期っぽい。
ライトなんちゃら色は昔も今も補正色的な役割か、
消費量が少ないんだよね。

最近のプリンターのインク(同梱品)って、
セットアップ用だから量が少ない奴らしいね。
いわゆる家電のテスト用電池的な奴?

10年位前のプリンターよりインクの減り方が
早かったので変だとは思ってました。
所詮はそのインク量に対しての%表示だもん。

買い替え前のプリンターは普通の市販品の
インクが入ってた気がしたよ。

ちなみに以前のインクは1000円くらいで、
年に1回買い替える感じでした。

実際、約8年間で基本色CMYK6本ずつ、
ライト○○3本ずつしか買ってません。

今回は1本約1100円の増量タイプを買いましたが、
今まで使ってきた歴代プリンターには増量タイプなんて
無かったから、ランニングコストに期待したいね。

少なくとも旧品インクよりは量は増えてるみたいだけど、
内容量が公表されてないから減らされてもわからないよな・・・

早速、6枚レーベル印刷したけど、不具合は無し。
アウトレットでも未開封の純正品だから大丈夫だろう。
posted by 猫真隆人 at 22:42| Comment(0) | PC・家電関係