2020年01月12日

2019年5大ニュース&ランキング

年が明けてすでに約2週間経ちましたが、
年末のコミケから始まり、年明けの艦これライブ、
カレー機関とリアルイベントが続いた上、
ラズパイの設定に手間取ったりと、
忙しすぎてブログ更新が滞ってました。

大雑把ではありますが、2019年を振り返ってみました。
というか、ブログ記事をひっくり返して気になった記事だけ
ピックアップしただけですけどねw

リアル家庭事情で一生に数回あるか無いかの
重大なこともありましたが、そういうのは除外で。


2018年度はこちら

1位 免許関連(フォークリフト小型船舶
2位 艦これ関連イベント(ズイパラサーカスフリートウィーク三越
3位 各種買い替え、買い足し(後記)
4位 トリシティ125購入
5位 大相撲巡業観戦

という感じになりました。
やっぱり艦これ関連が一番多いですね。

でも、フォークリフトの免許とか1級小型船舶の更新の方が
現実的、実用的な面から1位にしました。

3位の買い替え買い増しは、10月の消費増税に絡んだこと、
また老朽化による故障やサポート(修理)終了の影響で
買い替えを余儀なくされたものがたくさんありました。

デジカメ買い替えから始まり、20年くらい使った財布の買い替え
コピー機の寿命タブレットプリンター買い替え、
フィギュアラック追加といろいろ買い換えました。

ランキングには入れてませんが、長年買いたくても
買わなかった電動エアガンを買ったり、
インパクトドライバーを買ったりもしました。

こうやって買った物をリストアップしたら
キリがないのでやめておきますw

4位のトリシティ購入は3位に含んでも良かったのですが、
金額が金額なので別にしました。

5位は初めての大相撲巡業観戦ですが、
たまたま地元に来るということを知り、
初っ切りと相撲甚句目当てで行きましたw

ランキング外としては、ベイぐるみの当選で今年の運を使い果たし、
リアルイベントとしては多摩都市モノまつり横田基地友好祭
ワンホビG()、全日本模型ホビーショーといった感じかな?

リアルイベントはやっぱり首都圏に集中しちゃうね。
車で遠出したの、コミケでのアキバとズイパラくらいだもん。
電車だと舞浜の艦これサーカスだからなぁ。

今年こそは広島とか行ってみたいんだけど、
キャッシュレス還元終了前には行きたいけど、
5月にはコミケが来ちゃうからどうなるかな?


続いてアニメランキングを

あくまで自分の趣味の問題です。
自己満足の世界なので他人の意見なんかどうでもいいです。

「面白かった(良かった)2018年度アニメ」

1位 旗揚!けものみち
2位 彼方のアストラ
3位 とある科学の一方通行
4位 この世の果てで恋を唄う少女YU−NO
5位 RobiHachi

22時以降の深夜アニメ限定です。
ショートアニメは除きます。

昨年はラノベアニメが多すぎです。
長たらしいタイトル、ありきたりなストーリーには
もう飽きました。

完結してないくせに、宣伝目的も兼ねてか、
安易にアニメ化するのは好きではありません。

とはいえ、けものみちは無難な展開で、
最終回の展開は読めてましたが、
それでもちゃんとまとめてあって良かったです。

アストラとYU−NOは2クールですが、
これもちゃんと2クールに沿った展開でした。

まぁ、PC98版YU−NOをやってたから、
ストーリー展開はわかってたんだけどね。

余計なことをせずに原作通りの展開で良かったんだけど、
現世(現代)と異世界の境目が良くわからなかったなぁ。

一方通行は、禁書3が2クールも使った割には
あまりにもつまらなさ過ぎた直後だったので、
余計面白く感じたよw

ロビハチはまぁバカアニメだよなw
1話ごとにちゃんと話が進んでいくし、
展開もそれなりに考えてあって良かったな。

2期アニメは・・・もうどうでもいいやw


「微妙だったor残念だった2018年度アニメ」

1位 アズールレーン
2位 魔法少女特殊戦あすか
3位 食戟のソーマ
4位 ワンパンマン(2期)
5位 ライフル・イズ・ビューティフル

アズレンは途中で投げ出したと思ったら、
なぜか円盤作画での再放送始めるとか意味わからない。

あすかはグロ展開で萎えた。
この時期のTBSアニメ、週1でグロアニメだもんな。

食戟のソーマは、ダラダラやり過ぎ。
4期終わって春から5期だっけ?

ToLOVEるもそうだったけど、TBSから離れた
集英社アニメは続編作ってコケるパターンだよね。

ワンパンマンは1期は良かったんだけど、
集英社マンガの悪い癖ですぐ大会や試合に
持っていく展開が嫌い。

ライフルは面白くも無くつまらなくも無く、
話題にもならない空気アニメだったなぁ。
アニメ自体が悪い訳では無いんだけどねぇ。


「2019年度で登場した好きなキャラ」

1位 ユーノ(YU−NO)
2位 蒼井ミサ(神田川JET GIRLS)
3位 グレア(マナリアフレンズ)
4位 キトリー・ラファエリ(彼方のアストラ)
5位 紗倉ひびき(ダンベル何キロ持てる?)

やっぱり褐色キャラは良いよ褐色は。
YU−NOはゲームではえりりんだったけど、
アニメ版は小林画伯だったからなぁw

一応5人選んだけど、アニメ終わったら忘れちゃってた
キャラばかりなんだよね・・・
普段だったら1人くらいは覚えてるんだけどなぁ。


内容薄い割に2、3日掛かったのは、
過去のブログの見返しと、2019年度アニメの
リストを探してたからかもしれない。

全体的にアニメの印象が薄かったのも感想の1つかなと。
5大ニュースメインで、アニメの方はオマケってことで。
posted by 猫真隆人 at 23:37| Comment(0) | 日記

うさだ

今日は寝て曜日ですw

0時過ぎにアニメ見ながら力尽きて、
起きたら3時でした。

午前中にローソンから電話があり、
艦これのCDの発売延期の連絡だと。
知っとるがなw

まぁそういう既知の連絡でも、あるのと無いのじゃ
店の対応の印象が違うよね。

約1年前のバレンタインキャンペーンでも、
浮輪さんショルダーバッグを注文したら、後日、
今月末に閉店するからって連絡が来たよw

午後は電車で隣町まで行って、
メロンととらで買い物して帰ってきました。

先週もそうだけど、毎回中央線遅れてるんだよな。
山手線より運行間隔広いのに何で遅れる?


20200112.JPG

さて、7月末に注文したスカイチューブの
うさだヒカr宇佐田ゆうPink Ver.が到着。

今月末だと思ってたら、昨日のフィギュアの
情報ツイッターで明日発売を知りました。

注文してる通販だと、出荷から問屋、店舗と数日ずれる
場合があるので週明けの到着だと思ってた正にその時、
発送メールが届き、本日到着となりました。

1/6サイズだから小さい箱かと思ってたら
異様にデカいダンボールで届きました。

早速開梱すると、緩衝材無しで梱包されてました。
箱へこんでないか?と心配しましたが、
出してみてこれなら緩衝材要らないなと判明。

プラダン(プラスチックダンボール)に使われるような
PP素材の箱だったのでそりゃ丈夫だわ。

メガハウスだと薄いダンボールの場合があるし、
グッスマも大型フィギュアとなるとダンボールだからね。


さて、レビューの方は、昨年5月に色違いが出ており、
すでにレビュー記事があちこちで載ってるので省略w

この時も気になってはいたのですが、
色が好みじゃなかったのでパスしました。

買っておけばよかったかなとずっとモヤモヤしてた所に
紫髪から金髪、黒ジャケットからピンクジャケットに変更された
色違いが発売されることを知って、他のフィギュアの発売月と
かぶらないことを確認して注文しました。

箱から出して足を持ったら、タイツの網目感(ざらざら感)
を最初に感じました。

網タイツと言えばフリーイングですが、
スカイチューブでもタイツの立体感が
再現できるんだね。

おっぱいもデカいしケツもデカい。
お股の部分の造形もしっかりされてましたw

昔、タキコーポレーションのそらのいろ、みずのいろ
のフィギュアを中古で買ってきたことあるけど、
キャストオフできたけど、造型が適当だったなぁ。

極端に言うなら、PC98(MS−DOS)時代の
エルフのエロゲみたいな感じw

1年前にはるみなの芽以フィギュアが届いたけど、
やっぱり曰くつきのメーカーだったから
18禁なのに18禁要素は無かったな。

でも、そこはスカイチューブだから造型に手抜きは無い。
18禁でなく15歳以上だから控えめだけど、
個人的にはこのくらいのエロさの方が好き。

乳首に関してはオレンジ色感が強いので
もう少しピンク味が欲しかったw

グッスマのフィギュアばかり買ってた自分としては、
スカイチューブのフィギュアも出来が良いなと。
自分が欲しいと思ったらメーカー関係無いんだけどね。

今年1番目のフィギュアがエロフィギュアで始まりましたが、
次の到着予定がゴブリン村だしなぁw
初ねんどろいどは3月のガンビアベイで始まりそう。

それでは2019年のまとめ作業に移ります。
posted by 猫真隆人 at 21:49| Comment(0) | アニメ&ゲーム