2017年12月24日

figma時津風

20171224a.JPG

figma時津風が到着。
7月に案内開始したから、5ヶ月で届くのは
マックスファクトリーとしてはかなり早い方か。

スケールフィギュアは約1年程度、ねんどろいどにしても、
半年以上先が普通になっちゃったもんな。


とりあえず箱を見ただけで、異様なシンプルさが目立つ。
初期のfigma並みだよね。
記憶が確かなら、かがみがfigma初購入なんだよね。


20171224b.JPG

箱から出したら、何だコレ状態。

初期のfigmaどころか、バンダイのフィギュアーツや
AGPシャル並みのパーツの少なさだったよw

これで6千円じゃ、今後のfigmaを買う時に、
値段と内容を考えないとダメになってきたな。

いくら出来が良くても、値段だけ高くなっちゃうと、
AGPの方がマシに思えてきちゃうよw

バンダイ製品は元々価格設定が高いから、ここ最近の価格高騰でも
据え置きだったりするから安く感じちゃうようになっちゃったね。

とはいえ、時津風自体の完成度は高い。
塗装もちゃんとしてるし、細かい塗り分けもされてる。

ただ、艦これのfigmaって言ったら
艤装のボリュームも関係してくるので、
駆逐艦じゃこれが限界だよなw


2017年で買ったfigmaは鹿島
まほ&エリカヨシヒコアイオワの5種類のみ。

こう振り返ると、鹿島とアイオワ以外は
付属パーツが簡素だったんだなぁ。

figma自体は嫌いじゃないんだけど、
ねんどろいどの方が集めたくなるんだよね。

今の所、注文済みのfigmaは無いので、
次はウォースパイトの案内開始までは
ねんどろいどだけだろうな。
posted by 猫真隆人 at 14:39| Comment(0) | アニメ&ゲーム